MENU

男性不妊サプリランキング!

 

男性不妊とは?男性不妊の原因はなにか?

 

少し前まで、不妊の問題は女性側に原因があるのではないかと考えられがちでした。しかし、最近では男性側に不妊の原因がある可能性も大いに考えられるようになっています。一言でいうと男性不妊ですが、その原因にはいろいろあるようです。ここでは、男性不妊の原因について紹介しましょう。

 

加齢やストレス

 

男性不妊というと、特別な病気のようにも思えます。もちろん、病気が原因で男性不妊に陥っている人もいます。しかし、病気ではない人でも、男性不妊は今や誰にでも起こり得る問題だといっていいでしょう。というのも、男性不妊の原因は、ごくごく身近なところにも潜んでいるからです。

 

原因の一つとして挙げられるのが、加齢の問題です。女性のように、もともと卵子の数が決まっているのとは違うとはいえ、男性も加齢によって精子の力が衰えてくるものです。

 

精子だけでなく、勃起そのものが難しくなってくることもよくあります。なぜそんなことが起こるのかといえば、不妊の原因の一つでもあるストレスが要因として挙げられます。年を取るのは仕方がないとはいえ、ストレスによって若いうちから男性不妊になってしまうのは残念ですね。

 

栄養不足や生活習慣の乱れ

 

ストレスにも関係することですが、栄養の偏りや睡眠不足などの生活習慣の乱れも男性不妊の原因といえます。

 

男性の場合、血行不良が勃起不全に関わってくることもあります。脂肪や糖分を取り過ぎてあまり運動もしなかったり、タバコを吸って活性酸素を増やしたりしているようでは、血行不良が悪化してもおかしくありません。

 

また、仕事が忙しかったり夜遅くまでテレビやスマホを見ていたりと睡眠時間を削ってしまうのも男性不妊へとつながりかねません。栄養バランスのとれた食事を規則正しくとって、しっかり睡眠することから男性不妊の予防や改善をしませんか?

 

男性不妊の改善に良い栄養成分

 

男性不妊の改善や予防には、食事で栄養をバランスよくとるのと同時に、男性不妊の改善になるような栄養成分をとるのが効果的です。男性不妊の改善につながるといわれている栄養成分も、話題になっています。ここでは、男性不妊改善のための栄養成分について紹介しましょう。

 

男性不妊の改善に役立つ栄養成分

 

昔から、男性の精力を付けるといわれてきた食品に牡蠣があります。牡蠣に含まれている栄養として圧倒的に多いのが、亜鉛です。亜鉛は肉類にも多く含まれ、白髪などを防ぐ成分としても知られています。

 

男性が精力的に元気を回復するだけでなく、見た目にも魅力的にしてくれるのなら言うことありませんね。亜鉛は、精子の数や運動率に影響する栄養で、不足すると奇形の精子が増加するリスクもあるといいます。アミノ酸の一種として知られるアルギニンは、男性の生殖細胞の8割を占める成分で、精子の数や運動能力を高めるために役立っています。同じくアミノ酸のL-カルニチンも、精子の運動能力向上に一役買ってくれます。

 

セレンは、精子を形成するのに欠かせない成分だといわれます。コエンザイムQ10はビタミンの一種で、細胞の老化を予防したり精子を活発にする作用があるといいます。

 

食事で不足するならサプリメントなどでカバー

 

亜鉛やアルギニン、L-カルニチン、コエンザイムQ10など、男性不妊の改善に役立つ栄養成分は、まんべんなく食事でとろうとすると無理があるかもしれません。

 

普段の食事に取り入れるのが基本の栄養ですが、食事でカバーし切れない場合はサプリメントなどで補給するのもおすすめです。

 

ただ、サプリメントの中には合成の添加物を使っているものもあるため、なるべく体に有害な毒素がたまらないような成分配合のサプリメントを選ぶようにしたほうがよいでしょう。

 

精子の運動率を上げるために亜鉛を摂ろう!亜鉛不足はだめ!

 

男性不妊を予防・改善するために、最も重要視されている栄養素が、亜鉛です。昔から男性の活力を象徴するような扱いを受けてきた牡蠣も、亜鉛が豊富だからこそです。ここでは、亜鉛不足によって男性不妊にならないように、積極的に亜鉛を摂取する方法について紹介しましょう。

 

亜鉛が含まれる食品

 

亜鉛が含まれる食品は、決して男性が苦手な食べ物というわけではありません。例えば、牡蠣は冬の味覚として知られていますが、多くの人が旬の時期を楽しみにする美味しい食材です。

 

カニやたらこ、精白米、ビーフジャーキー、スルメなども、特に嫌いな人は少ないのではないでしょうか。納豆にも亜鉛は多く含まれるので、納豆ご飯など男性の精力をしっかり高める亜鉛に恵まれたメニューといえるでしょう。

 

他にも、ゴマやアーモンド、ブロッコリーなど、現代では日常的に食卓に登場するような食品に亜鉛は多く含まれています。何も、冬以外の時期に牡蠣を食べられないから、亜鉛不足に陥るわけではないのです。

 

亜鉛不足の男性が増えた理由

 

にもかかわらず、なぜ亜鉛不足の男性が増えているのかといえば、加工食品に含まれている添加物や化学肥料で育てられた野菜を常食しているせいではないかとも考えられています。

 

また、亜鉛は調理の過程で失われやすい栄養でもあります。ということは、現代の食生活において、亜鉛を十分に摂取するのは難しいという見方もできます。

 

そこでオススメしたいのが、亜鉛をサプリメントで摂る方法です。一日分の亜鉛摂取を全てサプリメントに頼るのではなく、限りなく食事での亜鉛摂取を試みた上で、補給的にサプリメントを摂るのも健康的です。

 

亜鉛の目安摂取量と効果的な摂り方

 

男性不妊の原因として重大視されていることに、亜鉛不足があります。現代人の食生活は乱れがちだといわれていますが、中でも不足が叫ばれているのがミネラルです。亜鉛はミネラルの一種、食品にはごく微量しか含まれておらず、人体にも微量しか必要ないものの、その微量が不足してしまうようでは深刻な問題に行き当っても不思議ではありません。

 

ここでは、精子の活動などに大きな影響を与える亜鉛の一日の目安摂取量や効果的な摂取法について、お話ししましょう。

 

亜鉛の摂取目安量

 

厚生労働省が推奨している亜鉛の摂取目安量は、成人男性の一日分として12mgです。具体的にはどのくらいの量に匹敵するのかというと、牡蠣100gに亜鉛13.2mgが含まれているといいますから、5〜6粒というところでしょうか。

 

牛肩肉なら、100g強食べれば、一日の亜鉛摂取目安量をクリアできます。もちろん、1つの食品だけで亜鉛の摂取目安量をカバーしなくてもよいのです。

 

いろいろな食品を組み合わせて、一日12mgも取れば、摂取目安量には達することになります。同じく厚生労働省が亜鉛の習慣的な摂取量の上限として提示しているのが、40〜45mgです。亜鉛を摂り過ぎると免疫力低下の可能性がありますし、急性中毒に陥ることもあります。

 

そのため一度に過剰摂取をするのは避けておいたほうが無難なものの、亜鉛を大量に摂取する機会は食事ではそれほどないでしょう。

 

食事での亜鉛摂取

 

身近な食品にもよく含まれている亜鉛ですが、なかなか毎日は十分に摂れないという人も多いでしょう。そんなときには、不足分をサプリメントで補うのが便利です。最近では、添加物を排除したサプリメントも出てきていますし、品質の良い亜鉛サプリメントなら効率よく安心して亜鉛を補給できるでしょう。男性不妊を改善するという意欲にも、つながるかもしれませんね。

 

精子の質を落とすお酒、たばこは極力控える

 

男性不妊の原因として、お酒やタバコが挙げられているのをご存じでしょうか?特にタバコは、百害あって一利なしともいわれます。男女ともに、喫煙者には健全な妊娠や出産が望みにくいというデータもあるといいます。ここでは、男性にとってお酒やタバコが不妊に影響することについてお話ししましょう。

 

奇形精子が増加する可能性大のタバコ

 

タバコを吸っている男性に、奇形精子の割合が多いというデータがあります。特に、ヘビースモーカーで一日20本以上のタバコを吸うという男性は、喫煙しない男性の2.5倍増し奇形精子の割合が高まるという研究結果が発表されています。

 

奇形精子だけでなく、精子無力症になる可能性も、喫煙する男性には高くなるといいます。精子無力症というのは、妊娠につながる力の低い精子しか持っていないということです。つまり、精子の運動量が低いのです。奇形精子症も、文字通り精子が奇形してしまう症状です。

 

自然妊娠が期待できるのは、正常な形態の精子が15%以上のとき。正常な形態の精子が4%未満のときは、奇形精子症とみなされるのです。妊娠しにくいだけでなく、女性が胎児を流産しやすくなったり先天性異常を持った胎児となるのも、男性の喫煙が関係していることがあります。

 

過度の飲酒は精子濃度を下げる

 

お酒を飲み過ぎるのも、男性不妊の原因となり得ます。特に顕著なのが、勃起障害です。妊娠を意識していなくても、お酒を飲み過ぎると勃起しにくくなるというのは、男性なら認識しているのではないでしょうか。

 

過度な飲酒を続けていると、精子の濃度が低くなることもあります。運動率も下がる可能性が高くなるため、不妊につながる恐れがあります。タバコも飲酒も、男性には不妊とは無関係と思われてきましたが、最近では研究によって男性側での喫煙や飲酒が不妊の原因になることがあるとわかってきているのです。

更新履歴